ブログ・
メッセージ

ありのままはどこかにあるのではない。

ありのままでいたい
ありのままの姿に戻りたい
ありのままの思い出したい

「ありのまま」というのがどこかにあるような表現がよくあります。

ありのままは
ありの → 「在る」= BE
まま = 儘 = 成り行きに任せること

ありのままでいたい
ありのままの姿に戻りたい
ありのままの思い出したい

というのは、いまの自分を受け容れていないということです。
いまの自分を認めていないということです。

僕らはずっと「ありのまま」を過ごしているのかもしれません。
「成り行きにまかせていない」という成り行きに任せている。
僕らは常に自分が生きたい人生を生きている。

ありの〜ままの〜、姿みせるのよ〜♪ と言ってますが、
ありの〜ままの〜、姿はみせてるのよ〜♪ ですかね。

日々、「始まり」と「終わり」の繰り返し。
全く同じ瞬間というのは一切ありません。

何も変わらないのがありのままではなく、
常に変わるのがありのまま。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧