ブログ・
メッセージ

言葉で表現するということ

「自分が何をしたいのかわからない」
「やりたいことが見つからない」
よくこういう言葉に出会いますし、前は自分も言っていた気がします。

でもそれって言葉で表現するのは難しいよなーと思っていたところ、
とてもわかりやすく、「ここ」で説明してくれていました。

先日、とある方が、「言葉というのは分断されているものだから言葉で説明するのは限界がある」とおっしゃっていました。

やりたいこと=どんな体験をしたいのか、何を感じて、何を感じてもらいたいのか

僕もまだうまく言葉で表現できません。
自分がよく発しているようなこと とか ◯◯に近い感じとか そういう言い方しかできないけれど、
なんとなく自分の中にはあるわけです。

明確に言える人は「もうやっていて、やる中で少しずつ表現できるようになった人」 かもしくは、
「本当に本当にやりたいこと、というわけではなく、エゴで、自分の抑圧した何かを満たすために言ってる人」
な気がします。

今、まだ言葉に落とし込めてなくて表面的には「わからない」って言っている人もいるのではないでしょうか。
今はそれで大丈夫です。

なんとなく「ある」「その感じ」と共にいて、触れて体験する時間を増やしてください。
いずれ何かしら言葉で表現できると思います。

ただ、(これも先日教えてもらったことですが)、
言葉は「地図」であり「現地、実在のもの」ではないので、
地図で「東京ドーム」を表現できる感じになるだけで、
実際の「東京ドーム」を表現できるわけではないことを知っておくといいかもです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧