私の内側の平和を思い出す8つの原則に触れる

もっとも重要な最初の平和 “ファーストピース” は、​
人の魂の中に生まれる。​

人々が宇宙(ユニバース)やそこに宿るすべての力との間に、​
つながりや一体感を見いだせたとき、その平和は生まれるのだ。​

宇宙(ユニバース)の中心に、大いなるスピリットであるワカン・タンカが宿り、​
しかもその中心はいたるところにあり、​
われわれ一人ひとりの中にもあることを理解したときに生まれるのだ。​

これが、真の平和であり、他はその反映にすぎない。​

二番目の平和“セカンド・ピース”は二人の人間の間に生まれる。​
そして三番目の平和“サード・ピース”は、二つの国の間で起こるものである。​

しかし、とりわけここで理解すべきことは何度も言うように、​
真の平和は一人ひとりの魂の中にあるということだ。​
それに気づかない限り、国と国の間に平和が訪れることは決してないだろう。​

ブラック・エルク​

 

ファースト・ピース・サークルとは

古代マヤ文明及びネイティブアメリカンから受け継がれている宇宙(ユニバース)の原則、自然の叡智(教え)をシンプルな原則として紡ぎ、対話やプラクティスを通じて体感しながら、自分の内側に平和と調和を取り戻していくことを大切にした、神聖な儀式の場です。​

 

これは、エハマ研究所 のウィンドイーグルとレインボーホーク(ネイティブ・アメリカン)がまず、自分自身の内側で平和の文化を創り、そしてそこから人と人の間、さらにはコミュニティ全体に波紋のように広がる平和の文化が創られることを願って始まったムーブメントです。

 

地球に人間が生まれてからというもの、世界では戦争や紛争が絶えません。また近年では自然災害や環境破壊が世界の至るとこで見られ、地球からのメッセージが日増しに増えてきています。

 

このような状況は、元を辿れば、人と人の間での争いや分断、さらには1個人の内側における拒否・抵抗・分離から生まれています。つまり、人の内側が平和や調和とは違う状態になっているということです。

 

きっと一人ひとりの内側の心の傷、痛み、先祖代々引き継がれてきた集合意識的な何かに囚われ、内なる平和から遠ざかってしまったのかもしれません。

 

本来私たちは、一人ひとり、平和という状態を、今ここに現実のものとする力を持っています。

古の地球の叡智、個人がいかに生きるかについてのこの叡智は、ひとつながりの聖なる輪(メディスンウィール)の教えとして今日まで大切に受け継がれてきました。

この輪が示すのは、ユニバースの法則であり、自然のサイクルです。聖なる輪の教えは8つの方角に分類され、それぞれに原理原則がまとめられています。

この「8つの叡智」、そしてその叡智に紐付いたプラクティス(実践)を通じて平和の種を心に植え、その気づきと意識を育て、周りの人々にも影響が自然に広がり、平和の波紋という花を咲かせていきます。

First Peace Circle 8つの原則

1.東・・・Awakening(目覚める)

2.南東・・Opening(扉を開く)

3.南・・・Transending(エゴを超える)

4.南西・・Remembering(思い出す)

5.西・・・Honoring(尊重する)

6.北西・・Dreaming(夢を描く)

7.北・・・Walking(体現する)

8.北東・・Guarding(灯を守る)

 

「内なる平和を生きる」という観点からこの聖なる輪の8つの原理原則を1回にひとつずつ学び、シンプルなワークや自分、共にサークルを組む仲間、自然との静かな対話を通して身につけていく、このラーニングジャーニーは、きっと人生のあらゆる行動(Doing)や関係性(Relationship)における深い土台(Being)となってくれることでしょう。

 

開催方法

対面、またはオンライン

 

開催実績

第1期 First Peace Circle 〜Peaceful Journey〜 with 京都・六壺

第2期 First Peace Circle 〜Peaceful Journey〜 at オンライン

第3期 First Peace Circle 〜Peaceful Journey〜 at オンライン

 

ウィンド・イーグルからのメッセージ

〜共に平和の文化を創る〜

地球という惑星、そして進化しつつある意識体は、私たちが次の時代のために、全人類の意識をシフトさせ、普遍的な平和に向かうように、警鐘をならしています。

今こそ地球に住む私たちが、共に手をとり、一丸となって、ずっと願ってきた平和という世界を創り出す時です。

それは、言うまでもなく、私たち一人ひとりが、自分自身を変化させることを選択して初めて可能になることです。

私たちが生きようとする平和の文化は、まさに実践を通して築かれていくのです。

ファーストピースと名付けられたこの内なる実践は、私たちが踏み出すべくための最初のステップです。

私たちはそれぞれの夢を描き、現実を創り出すことができます。共に夢を描きましょう。

 

Seed Planter(※)このサークルのガイド役

※ファーストピースサークルを開くためのトレーニングを受け、エハマ研究所からSeed Planter(種を植える人)として認定された者

 

◯やまもとみつひろ◯

2019年にアメリカ、ニューメキシコ州にてネイティブ・アメリカンの部族の中で行われている成人になるための通過儀礼である「ビジョン・クエスト」の儀式に参加して以来、ネイティブアメリカンの智慧を分かち合ってくれているWind Eagleを尊敬し、この智慧に触れる旅を続けてきました。

また若い時から、人間の内側の本質や平和・安らぎに関して目に見えない領域も含めて探究してきました。

2020年にファーストピースサークルに参加者として参加し、同時に「メディスンウィールの智慧」に定期的に触れてきました。

2021年6月に Seed Planter training を妻である、やまもとえりこ と共に受け、「世界平和」という幼少期からの心底の願いを思い出し、日本でファーストピースサークルを開催しています。

毎回、方角の智慧に触れていく時、参加者一人ひとりが何かを思い出していく、その様はお花が大きく咲き誇っていくかのようです。輪を囲んで語り合えることを楽しみにしています。

 

開催・参加希望ウェイティングリスト

ファーストピースサークルは神聖な儀式であり、かつ、1つのサークルが深いプロセスであるため、募集タイミングは年に2,3回です。

ご自身の地元での開催、ならびに個人での参加を希望される方を優先的に案内させていただくための登録フォームをこの度、作成させていただきました。

ウエイトリストにご登録いただいた皆さまの数が一定数に達し次第、個別にご連絡し、日程調整を行います。

 

※まずはお話を聞いてみたいという方もご登録ください。

PAGE TOP