人間が地球に生まれてから、争いや戦いや破壊や苦しみがずっと続いています。

国同士の戦争は人間から生まれる争いであり、

自分自身の性格や行動の悩みも、人間は「他の人間と関係を持って生きるようにデザインされている」からこその悩み、苦しみです

 

人は人との関係の中で、悩み、苦しみます。

自分自身の性格や行動の悩みも人が関わるからこその悩みです。

 

近年は自由や自己表現の流れが来ていると言います。

インターネットや色々な技術が進歩したことにより、確かに色々な方の様々な表現を垣間見ることができますが、その光景を見ていると、自分自身を見失っているようにも見えます。

 

自分のことが見えていて、分かっているようで、実は見えてなく、分かっていないという状況になっているのだと思います。

 

外側に色んな情報が溢れすぎているため、時代のスピードが速く進みすぎているため、人間の色んなバランスが崩れてきているようです。

 

・どこかおかしいと思いながら、忙しく働いている。

・何もおかしいとすら思ってなく、いいことをやっていると思っている。

・他人にいい顔を見せて、平気なふりをしている。

・プライドが邪魔をして、人に頼ったりしない。

・最終的にはいつも辛く、苦しい状況になる。

・周りがどんどん変化している状況に焦りを感じる。

・いつも内側では色んな感情や反応で溢れている。

・周りの人からどう思われるか、気になる。

・人の役に立つことにいっぱいいっぱいになっている。

・充実しているけど、身体が追いつかない。

・パートナーや家族とうまくいかない。

・いつも自分ばかり頑張っているような気がする。

・やらなきゃいけないことに溢れている。

・ずっと何かを学び続けている。

・過去のことが尾を引いて色々ストップがかかる。

 

今の時代は特に、「自分の在り方」が安らいでいて、自然であることが非常に大切です。

その状態は「自己観察をし続ける」こと、「自分と共に居続けること」によって創られます。

 

「いまここ」「内側が外側を創り出す」という言葉を耳にすることが増えてきましたが、「いまここ」そして「わたしの内側」に居ることなく、

過去や未来、他人や外側に意識が向き、反応し、翻弄されています。

 

人や世界と関係を持つ前に自分の内側という世界と関係を結び直す必要があります。

それが安らぎと豊かさを思い出すことになり、それが人や世界に波紋のように広がっていくのです。

 

自分を観る、自己観察をするには、矛盾するように見えますが、人との関わりを観ていくことが大切ですし、

自分を観る、自己観察をするには、自分の内側にあることを安心して出せる人に出して、一緒に観てもらうことで観察力が育まれていきます。

 

自分のことを観察し、自分でないものは自然に還し、自分の内側に元々ある安らぎや豊かさに出会い直していきます。

 

その出会い直す場を色々な形でご用意しております。

観る・聴く


寄り添う


共にいる

「聴いて・いる」セッション

自分というこの生命の内側には様々な動きや声があります。ですが、人間はこの動きや声に寄り添うこと以外のところに時間とエネルギーを割いています。そして、言葉で表されているものに重点が置かれがちですが、実は言葉に・声になっていない、感覚や質感にこそ、大切なエッセンスが含まれています。

同時に無自覚のうちに固定化された枠や、思い込み、信念になっていて、それに囚われていたりすることもあります。

安心の空間を作り、対話しながら、言葉、声を発している時のエネルギーや質感、言葉・声になっていないもの、奥や背後にあるもの、あらゆるものに耳を澄ますプロセスを一緒に歩みます。

 

詳細はこちら

8つの原則


自然のメッセージ


対話から現れるもの

First Peace Circle〜内なる平和を思い出す8つの智慧〜

私たちひとりひとりが、内と外の全てとのつながりを感じて平和を生きることを念頭に置いた、世界平和につながる一番最初の平和のことを「ファーストピース」と呼びます。

First Peace Circleは、古代マヤ文明とネイティブ・アメリカンから受け継がれている自然の叡智(教え)を、シンプルな8つの原則に紡いだものです。

古代から受け継がれてきたストーリーや、原則と呼ばれる知恵を体感するための実践、問いとともに参加者同士で紡ぐ対話を通じて、8つの原則を体感しながら、自身の内側からの平和と調和を取り戻していくプログラムです。

 

詳細はこちら

自然にくつろぐ


スペースを与える


自分の自然を思い出す

Nature Space Retreat〜自然の中で自然に還る〜

Nature Space Retreatはネイティブ・アメリカンの成人への通過儀礼として行われている「ビジョン・クエスト」のエッセンスを取り入れた、自然豊かな場所で行われる、自己内省・自己対話・自己整理プログラムです。

対話をする中から現れてきた問いやテーマを眺めながら、自然の中で一人の時間を過ごします。自分自身の内側から湧いてくる想いや意識の外側から働きかけてくるものに出会い、余計なものが削ぎ落とされ、自分という生命が本来持つシンプルさや力強さに触れていきます。

 

詳細はこちら

ゆっくり、深く


仲間と共に本に触れ


自分に奥に繋がる

Deep Book Dialogue〜本を通じて自分の心に深く繋がる〜

Deep Book Dialogue(DBD)は本を知識の吸収だけで終わらせず、本に書かれている智慧を自分自身や自分の人生に染み込ませていく、新しい読書法です。

1冊の本を仲間と共に1章ずつ対話と内省を行いながらゆっくり、深く読み進め、一人で本を読むときには得られなかった新しく、深い気付きが得られたり、日常生活に実践をしながら、本に書かれているエッセンスを体感していくことができます。

 

詳細はこちら

PAGE TOP