光を放ち、ゆとりと豊かさの中で自分の命を思う存分咲き誇らせて生きる人を増やします

人生創造コンサルティング

メール、動画、電子コンテンツを用いてテクノロジーを提供

オンラインコンテンツ

アクティブラーニング・個人変容をベースとしたコンテンツを提供

キャリア教育・研修

ブログ

本心・本質に蓋をしていたということ。

IMG_1924

今日、結構衝撃的なことがわかってしまいました。
分かってたけど、分かってなかったってやつですな。
何が分かったか。

僕は「いい人」に思われたい、「人に嫌われたくない」
という思いに支配され、
本当は心の奥底で感じていた感情や思いにフタをし、
そんなものはなかったかのように消そうとしていたということ。

本心中の本心・本質中の本質と違うことをしていたので、
そうなると、「違うよ〜」ということをどうやって伝えるかというと、
身体の反応や症状で、ということになる。

ここ数ヶ月身体がだるかったり、疲れが取れなかったのはこういうことなんだろう。
むっちゃ怒りがあったとしても、

「怒りを持ってしまうことは良くないこと」
「怒りを持ってしまう自分はダメだ」

人をけなしたり、ばかにするような気持ちが出てきた時も、
「人をそんな風にみてはいけない」
「素敵な人になりたい人がそんな感情を持ってはいけない」
っていう状態になっていたんだと思います。

それに気づいたからといって
「もう何も気にせず人の悪口とか怒りとかを大爆発させてしまうべ」
っていうことではないと思っていて、
内側で起こっているそのエネルギーをそのまま赦して受け容れて、
ニュートラルで在ることなんだろうと思う。

ニュートラルって言葉を使っていたけど、
ただそうしたいから使っていただけだったんだろうな。
内側で起こることを大切にします。


Previous Post Next Post

You may also like