光を放ち、ゆとりと豊かさの中で自分の命を思う存分咲き誇らせて生きる人を増やします

人生創造コンサルティング

メール、動画、電子コンテンツを用いてテクノロジーを提供

オンラインコンテンツ

アクティブラーニング・個人変容をベースとしたコンテンツを提供

キャリア教育・研修

ブログ

京都で過ごしたゆったり時間

6日間、京都に行ってきました。
前半は「ライターインレジデンス」への参加。

残りは前職の同僚にあったり、友人にあったりしていました。

その中で一番豊かな時間だったのが、「散歩の時間」
もうすぐ1歳になる男の子を持つお友達とその男の子をベビーカーに乗せて、
京都の街中を散歩しました。

その友達とはとても深い話ができる間柄で、
このくらい深い話ができる人はいないんじゃないかってくらいで、
とても感謝をしているのですが、

今日も深い話をしながら散歩をし、
川辺を歩き、川辺にあるベンチに座って、時間を過ごしました。

こんなにゆったり、そして長い時間散歩をしたのはいつぶりだろう。
京都いう街並みや雰囲気もこの散歩に作用してくれている。

そして、
何もしなくても、いや何もしないからこそ、
その瞬間に起こっていることが観察でき、眺めることができます。
川の水の上を優雅に流れる花びら。
上を見上げると、花の蜜を吸いに来た蝶々。
そして少し暖かい気温にさ〜っと流れる気持ちいい風。

さらには、自分の身体の中で起こっている変化にも気づくことができます。
「ちょっとモヤモヤした感じがあるな」とか。
「今、話の間があったことに、ちょっとハラハラしたな」とか。

何かをしようとしなくても、いま、ここで幸せを感じることができます。
幸せは何かをして得られるものではなく、何もしないでも既にあるものです。

そのゆったりの時間を経て、
僕は色々なことをつめこみすぎて、わかってはいるけれど、身体からのサインを無視して、
頑張りすぎちゃっているな、と気付きました。少し手放します。

何もしないことが怖いとか時間の無駄と思う人がいます。
これは逆で、何もしない中からクリエイティブが生まれ、結果時間が有効に使え、
勝手に何かが動き出すことになるんです。

何もしないのはとっても有意義な時間です。

そして大切なのは、「何もしない」ときはとことん何もしないようにすること。
何かが頭の中に残っている中で「何もしない」をとても休めた気がしません。

やらなきゃいけないことは放置してしっかり休む、これが大切ですね。


Previous Post Next Post

You may also like